PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日記 50 正多角形の面積

今日はB-dayで、Geometry(幾何学)の授業がありました。

今平面の面積について習ってるのですが、

日本ではやらなかったことを習いました。

タイトルの通り、正多角形の面積です。

求め方はかんたんなのですが、英語で書くと、

A=(sa/2)n

A=Area(面積)
s=side length(一辺の長さ)
a=apothem(辺中距離)(正多角形の中心から辺までの距離)
n=# of sides(辺の数)

です。

簡単に言うと、正多角形を三角形に分けて、その面積を足すのと一緒です。

日本でやったことなかったので、面白いな~って思い、乗せてみました。

良かったら試してみてください。( ̄▽ ̄)

なんか、おお~、、、

って感じになります。

こっちの数学、早い人は大学分まで勉強して、遅い人は卒業までにやっと幾何学が終わるっていう差が大きいため、

そこまで言えないのですが、簡単です。

まだAlgebra 1(代数 1)を高校四年生でやっている人から、一年生でPre-calculus(微分積分の前学習コース)を取っていて、来年行こうと思えば大学行ける人までいます。

要するに、ピンからキリまでいるって事です。

私はその真ん中位ですね。

普通のアジア人と同じくらいです。

Racist(人種差別主義者)みたいで、そこまで言いませんが、大体のメキシコ人は、宿題をやらず、テストでひどい点をとって、F(五段階評価で1くらいかな)をとります。

アジア人は大体ストレートA。

やる気の差や、両親の期待の仕方が如実に現れます。



追記:アジア人の親が子供に期待する成績はA(優)、アメリカ人の親はB(良)なんだそうです。

| 日記 | 15:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animemangadiary.blog112.fc2.com/tb.php/83-3c22307e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。